時事随想

時事随想

ニュースや新聞を見て、想ったことを綴った随想・論説集

安倍総理のメルマガ訴訟、菅元総理に「完全勝利」?〜荻上チキが判決文を読む(文字起こし)

原発デマメール問題を荻上チキが解説

原発に関する安倍さんのメルマガ問題。裁判で安倍さんが勝利したから、安倍さんは嘘を流していない、というような主張が、未だになされています。

このメルマガ訴訟の問題について、最高裁判決が出たのを機に、荻上チキさんがラジオで語っています。

以下、その放送内容の文字起こしです(女性アナウンサーの音声は省略、太文字は筆者)。

荻上チキ Session 22(2017.3.1放送)

つい先日、ある裁判の最高裁の判決が出たんですね。その裁判とは一体何のかと言うと、菅直人元総理が、安倍首相、いま首相ですけども、菅直人さんが首相だったときには野党の人だったんですね。菅さんが安倍さんを訴えたという裁判がずっとこの間行われていまして、その最高裁の判決がつい先日出たということになるんですね。

それは、結論から言うと、上告を棄却する、ということになるので、高裁の判決そのままですよ、とそういった結論になったんですけども、結構、大きな出来事ではないですか。総理経験者が二人が法廷で争うというのは、現職の総理と元総理という恰好になるわけですよね。

その裁判で、実際何が争われていたのかというと、安倍晋三さんが当時議員だったときに、2011月の5月の段階で「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題したメールマガジンを配信したんですね。

そのメールマガジンの中では、「東電がマニュアル通り、海水を注入しようと考えており、実行した。しかし、やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです」と書いているんですよ。「官邸はあたかも菅首相が英断をした」というふうに言っているんだけども、それはでっち上げだ、てなことを書いてるんですね。

それに対して菅直人元総理が、名誉棄損であると、ということで訴えた。

「自分は海水を止めていない、止めるなど指示していない」というようなことで、これは事実と反するし、自分の名誉が傷つけられたということで、裁判になったわけなんです。

地裁・高裁・最高裁ときて、最高裁は、高裁の判決のままですよ、となったので、結論から先に言うと、名誉棄損に当たらない、ということで、この告訴に関しては棄却されたということになるわけですね。告訴が行われたのは確かなんだけど、今回は、名誉棄損に当たらないと判断が下されたということになるわけです。

それを受けて、安倍さん、それから菅さん、それぞれが、ツイッターやフェイスブック上で今回の裁判についてコメントを出しているという状況なんですね。

実際、どんなことが裁判で争われたか気になると思うんですけど、安倍さんは、今回の判決を受けて、フェイスブックで、真実の勝利、最終判断が下りました、と書いたんですよ。要は、自分の主張が認められた、これは真実の勝利なんだ、ってなことを主張しているんですね。

私は総理として、一部の時間を裁判に割かざるを得なくなった、ということで、時間がとられたことを不服に思って書いていて、菅総理の今回の裁判というのは、私を貶めることを目的とした菅元総理の告訴というのは売名行為であって、猛省を求めるというふうに、フェイスブックに書いているということになるわけです。

実際に気になったので、地裁と高裁の実際の判決の文章を入手したんですけども、それぞれ読んで、それぞれがどういった主張をしているのかなということを確認したんですね。

この中で結構重要なのは、もともとのメールマガジンを読んだ人の中には、安倍さんが本当に海水注入のストップを指示して、実際に海水注入が、ああ、菅さんが注入を指示して、注入を止めることを指示して、実際止まったんだという印象を持っている人もいるかもしれないですけれども、その点については、今回の争いの中では、相当に答えが出ているわけですね。

実際には、菅直人さんが海水注入を止めろというふうに指示を出したという事実はないということが前提として書かれている、というような状況の中で、その事実はないんですけど、じゃあ、今回のメールマガジンは名誉棄損にあたるのか、ということと、メルマガに書かれている他のことを含めて、トータルで真実性があるかどうかということが、今回の裁判の中で問われているわけですね。

もともと、この裁判の中で菅さんに訴えられた安倍さんは、今回は、原告が中断を指示したという事実ではなくて、原告の言動に起因して海水注入が中断されたという事実を適示したんだ、というふうな論法の立て方をしていたんですね。

なおかつ、名誉棄損だという訴え方に対しては、既にテレビによって同じような内容のことが報じられているので、本件によって、原告の社会的評価が低下したとは言えない、というふうな指摘をしていた、であるとか、それから、今回の出来事が起こった際には、非常に大変な事故があったときですよね。

重大事故があったときで、こういった中で、政権を厳しく監視するには、野党の追及というのはすごく大事だと。そうした中で1から100までの裏どりをしてからの指摘というのは事実上無理であるというふうな主張を安倍さん側はしているわけです。

このメルマガというのは、そういった状況で発信されたんだというようなことを指摘していると同時に、これは高裁でも指摘してきしているんですけど、安倍さん側は内閣総理大臣の言動に対する批判的言論が事後的にでも名誉棄損として違法となるのであれば、民主主義の根幹でたる表現活動が委縮する、というふうにも主張しているんですね。

要は、今回の裁判では、実際に菅さんが海水注入を止めさせたという証拠を自分は持っているという形で安倍さんは戦っていないんですよ。

そうではなくて、実際に菅さんの行動に起因して、海水注入が止められそうになったっていうようなことを論評したということと、実際に当時官邸で発表したことと、後で検証されたことの事実とが違うじゃないか、っていうこととそれが争われた。

名誉棄損に関しては、僕がいう前にテレビとかも指摘していたから、それによって評価が下がるとは言えないよね、であるとか、あるいは、今回、メールマガジンで配信されたわけですけども、そのメールマガジンというのは、サイトにアクセスをして、バックナンバーのページにアクセスをするという手間がかかる。だから、公然と事実を指摘しているところまでは言えない、そういった論評になっているわけですね。

それに対して、菅さんの側は、いや、このメールマガジンを読めば、あたかも自分が海水の注入を止めろと指示して、実際に止まったかのように捉えてはいるでしょ、と戦ったわけです。

だだ、今回の判決においては、名誉が棄損されたのは確かではあるんだけれども、判決のその内容を読むと、実際に菅さんの振る舞いの中に、言動とかの中にですね、海水注入を止めたというふうに解釈されるような言動というのがあったと。実際には、止めったっていう事実は、ないんだけれども、止めたというふうに論評される海水注入を中断させかねない振る舞いがあったというふうにできたので、重要な部分にあって真実であったと認められるという判決が書かれているということになるわけですね。

実際は、海水注入は吉田所長の判断で止めてないんですよね。また、菅さんも止めろとは言っていない。

そうではなくて、東京電力の武黒フェローという方が菅さんが海水を注入することを再臨界しないのか、ということを聞いて、そうしたような問いがだされたことによって、まだ、官邸の中で意思決定がされていない、ということを判断して、それで、武黒フェローが現場に電話するときに、官邸がいろいろ言っているんだ、っていう仕方で海水注入について、考慮したという恰好になっていて、菅さんが止めろと連絡して、それを間に誰かが入ったという恰好にはなっていない。

ただ、菅さんが再臨界の可能性があるのかというようなことを議題に上げて、そうした議題に挙がっているということを踏まえて、武黒フェローが電話して、っていう流れになっていて、だから、最初に再臨界を論点化することによって、止めかねない、止めるというふうに解釈されかねない動きがあった。

だから、結果として、安倍さんのこういった論評というのは、表現の範囲内といいますか、重要な部分で真実なんだ。

だから、止めたというふうに言ったときに、直接止めたっていうふうな捉え方もされると思うんですけども、ただ、「止めた」という表現で、今言ったような、止めかねないような動きを菅さんがしていて、実際、そうした電話があって、実際、海水注入は止められていないけれども、そうしたことを踏まえて、でっち上げなんだとか、止めたのは菅さんだと表現することは、それなりの真実相当性があるっていう形で論評されている、論評じゃなくて判決の中で判断されているという恰好になるわけですね。

ここで注意しなくてはいけないのは、こういうふうに名誉棄損の裁判が進んでいって、判決が下ったからと言って、もともとのメールマガジンに書かれていた全文が正しいというふうにお墨付きが出たということではないんですね。

名誉棄損の裁判の中では、何が名誉棄損に当たるのかということを、実際に棄損があったのかどうかということと、

それが例えば、表現として公益性があって、しかも、それを信じるに足る真実相当性があってということと裏付けしていって、争われるようなところがあるので、実際にその発言が名誉棄損でないからと言って、そのメールマガジンに書かれていること全てが正しいというようなことは、また別になっているわけですよ。

ただ、今回においては、安倍さんは、菅さんが具体的に止めたんだという形で争ってはいないんですね。

そうではなくて、そういった形で解釈されかねないような行動を論評するような仕方でこう言ったメールマガジンに野党等して当時は追及したんだというふうに言ってるわけです。

なので、あまりニュースで取り上げられないタイミングでの判決であったということもあったのと取り上げられても短めの記事だったので、この裁判の判決というのが一体どういった意味がなかなか伝わりにくいんではないかと思ったので、一つは判決文に基づいて、今、簡単にではありますけど、詳細を説明してみました。

これを見てて、いろいろ考えられるポイントとかあるんですけど、安倍さんが、今回の裁判によって、総理としての時間の一部を割かざるを得なくなってしまったではないか、とフェイスブックに書いているんですよね。

ところで、裁判の途中においては、安倍さんは、内閣総理大臣に対する表現の自由というのは、認められるべきだというふうに萎縮させるべきではないというふうにも言っていて、なおかつ、この国は当然ながら法治国家であるし、訴える自由というのは当然あるわけですよね、相手が内閣総理大臣であろうとも。

内閣総理大臣が忙しいだろうから訴えないようにしようとするなんてことは、まず、あり得ないわけなので、安倍さんがちょっとこぼした言葉の中で、今回の裁判面倒くさいなぁ、と感じるっていう気持ちは分かるかもしれないけど、何かこういった裁判のために時間を割くっていうことも、民主主義のためにそもそも必要なコストだし、民主主義という観点で今回安倍さんは、裁判の中で戦っていたわけだから、そこはそこで、受け入れなければいけない点でだよね、というふうには思いますよね。

もう一つは、今回、貶めることを目的とした売名行為だ、というような形でまとめている。あるいは、真実の勝利とすごく簡素な形でまとめたりしているので、具体的な経緯が説明されていない状況にあるわけですね。

だから、安倍さんの文章や報道だけを見て、裁判の実際の文章を見ずにいると、何がそもそも争われているのかな、ということがちょっと分かりづらくなってしまうところがあるなぁという印象を持ちました。

こういった裁判の文章は、手に入れることができたいるものでありますし、過去の地裁・高裁のときはそれなりに報じられたりしていましてね、そういった仕方で論点というものを改めて振り返ることは今でもできるので、話題として、なんとなく過去のものみたいなイメージになってしまっていますが、これからも、原発に関する問題というのは、たびたび、取り上げられる中で、どういったことがあったのかを適切な情報に基づいて議論する必要があると。

ただ、こうした中で、謝った情報に基づいて議論がなされないよう一体裁判はどういった事実が認定されて、どういったことが理由でこの判決になったのかということも、一人歩きしないように、丁寧に読み解いていく必要があるなぁと思いました。

(2018/7/26)


名誉棄損ー表現の自由をめぐる攻防

山田隆司
岩波新書(2009)

関連ツイート

twitter.com

情けは人の為ならず

猫が舞い込んできた。

ある夕、台所のテーブルに猫がちょこんと座っていた。目を合わせても、何食わぬ顔をしている。

最近、我が家の庭を巡回していた猫だった。開けっ放しだった勝手口から、入ったのだろう。捕まえて、外に追い出した。

簡単に捕まったので、近所の家の飼い猫だったのだろう。

しかし、その後も、玄関前に居座っている。仕方なしに、いや、喜んで、朝昼晩とキャットフードを与えていた。

数日後、隣のおばさんが回覧板を持ってきた。隣といっても100mはあるが。

玄関の猫を見て、どこ行ったか、心配してた、と猫を連れ帰った。

その日の夕方、キャットフードが一袋、玄関に置いてあった。

与えたエサよりも、貰ったエサの方が多かった。

情けは人の為ならず。

(2018/7/18)


キャラットミックス

隣のおばさんも、これだった。やはり小袋入りだと、これが最安値なのかな?

     キャラットミックスを検索

関連ツイート

写真からの航空機の飛行高度推定(2)Googleマップを使って、計算なしに距離を推定する

 iPhoneで撮影した写真から航空機の飛行高度推定を行う方法について、以前の記事で説明しました。

 この記事には、次の問題があります。

  • 計算式がたくさんあって難しいこと(笑)
  • カメラパラメータ(焦点距離)を較正せず、Exifデータの値を用いていること。
  • カメラモデルとして単純なピンホールカメラを仮定していること。

 実は、この3つの問題は、Googleマップを使えば解決できます。さらに、計算式もほとんどありません。

1. 距離測定の原理

 距離測定の原理は、視角と対象物の大きさが分かれば、距離が分かる、というものです。基本的に三角測量と同じです。

 これを実現するためには、まず、カメラの画素数と視野角の関係を決める必要があります。このために、カメラモデルを導入し、焦点距離・レンズ歪・光軸中心・撮像面と光軸との傾きなどのカメラパラメータを求めます。カメラモデルとして、最も単純なカメラパラメータを用いると、カメラパラメータの推定は、焦点距離のみとなり、問題が単純化されます。

 さて、カメラパラメータを求めてから、距離推定を行うと、汎用性はありますが、ある程度、専門知識が必要となります。

 本稿では、そのような専門知識がなくても、比較的正確に対象物までの距離を測定する方法について説明します。

2. Googleマップを用いて、距離を求める

 計算式も何も用いずに、距離を求める方法としては、全く同じ大きさの実物の被写体を、画像上で同じように映るように置き、そこまでの距離を物差し(測距器)で測ることです。

 しかし、この方法は、被写体が航空機となると、現実的ではありません。そこで、本稿で示す方法では、ランドマーク写真(風景写真)とGoogleマップ(物差し)を使って距離を測ります。

 計測は、図1の流れに沿って、行います。

f:id:toranosuke_blog:20180711213628p:plain
図1. Googleマップを用いた距離推定


① ランドマーク写真を撮影する。

 まず、ランドマーク写真を撮影します。 ランドマーク写真に写っている建物など目印は、Googleマップ上でも同定できなければなりません。

 撮影地点と目印の高度が同じならば、Googleマップ上の水平距離が目印までの距離となります。今回、用いたランドマーク写真の目印と撮影地点の高さは、最大で2~3m程度違いますが、目印までの距離が数百メートル先にあるので、1~2%程度の誤差要因となりますが、わずかな誤差として、補正しません(それに、補正するためには、計算式が必要となるので、計算いらずのコンセプトから外れる)。

 また、画素のアスペクト比が異なる場合、飛行機の向き(端から端までの直線)とカメラの向きが一致するように撮影をすることが望ましいですが、通常のカメラであればアスペクト比は1ですので、あまり気にする必要はありません。今回も、画像の回転については特に考慮に入れていません。

 正確さを求めるのであれば、画像上の飛行機と同じ位置で目印を見つけることが望ましいです(あるいは、撮影時にあらかじめ目印が一致するように撮影する)。特に広角レンズで画像の周辺部分に対象物を映してしまった場合には、気にした方がよいでしょう。これは周辺部分ではレンズ歪が大きくなるためです。もっとも、標準レンズで航空機をおよそ中心に対象物を捉えている場合には、神経質になる必要はないと思います。それは、標準レンズのレンズ歪で生じる誤差よりも、他の要素で生じる誤差の方がはるかに大きいと考えられるためです(後述)。

② 画像上で目印となる点を見つける。

 航空機の画像上の長さと同じ長さとなる二つの目印を見つけます。今回は、図1に示すように目分量で合わせていますが、画素数を計測しながら合わせると、より正確に合わせることができると思います。

③ Googleマップを使って、撮影地点と目印となる2点をそれぞれ直線で結ぶ。

 ②で決めた目印をGoogleマップ上で見つけ、撮影地点と目印とを直線で結びます。

 二つの直線が成す角度が対象物の視角となりますので、対象物の画像上の画素数と視角の対応関係が分かります。この対応関係を求めることで、カメラキャリブレーションができます(つまり、ピンホールカメラモデルでの焦点距離を求めることができます)

④ Googleマップ上で、視角の直線と 航空機を底辺とした二等辺三角形を作る。

 Googleマップ上で、航空機に見立てた直線を底辺、視角の二つの直線を等辺とする二等辺三角形を作ります。例えば、C130の幅であれば40mの長さの直線を、航空機と見立てて、それを底辺とし、③で得られた二つの直線を等辺とする二等辺三角形を作るように航空機の直線を配置します。

 航空機が視線に対して垂直であるという前提条件をおいて、二等辺三角形としていますが、実際には傾きがあり、斜めです。斜めであることを考慮する場合は、航空機が斜めとなっているのに対応するように、直線を斜めに配置します。このとき、撮影地点からの距離は小さくなります。ちょっとの傾きの違いで数十メートル移動します(今回の撮影条件の場合)。これが誤差を与える大きな要因の一つとなります。

⑤ Googleマップで撮影地点から底辺までの距離を求める。

 Googleマップで撮影地点から底辺までの距離を求めます。この距離が撮影地点から航空機までの距離となります。

誤差

 実際にやってみるとわかりますが、誤差の大きな要因は、目視で画像間の対応関係を求めている点です。

  • 航空機の端点(航空機画像)→目印(ランドマーク写真)→目印(Googleマップ)→実寸(Googleマップ)

 このそれぞれの対応をとる際に、目分量でやっているので、誤差が大きくなります(例えば、10m程度の誤差はすぐにでます)。

 この誤差の大きさを考えると、レンズ歪や撮影地点の高度、カメラモデルなどに起因する誤差は無視してよい範囲と思います。③までの作業は、カメラキャリブレーションの際に必要となる作業と同じ作業で、必要なステップですが、それ以降は、計算によって求められるので、高い精度を求めるならば、④以降は計算によって求める方がよいでしょう。

3. 航空機画像を用いた実測

 以前の記事で用いた3枚の画像のうちの一つを用いて、本稿の方法で計測処理を行いました。基本的な流れは、同じですが、航空機の幅方向と長さ方向の両方を用いて、距離を推定しています。画像上での全幅と全長がほぼ同じだったので、二つの長さは同じとして取り扱っています(実際には、全長方向は若干短い)。

2.1 航空機の写真画像

 概ね真上を飛行するC130をiPhone5sで撮影した。概ね、真上といっても、本当の真上ではなく、天頂からの角度が10~30°程度はあったと思います。

f:id:toranosuke_blog:20180711212827j:plain
 図2. C130をiPhone5sで撮影。

2.2 ランドマーク画像①を用いた推定結果

f:id:toranosuke_blog:20180711213821p:plain
中央がランドマーク画像。幅・長さ方向が水平線と平行となるように航空機画像を回転します。航空機の端と対応する適当な建物などを目印として決めます。
f:id:toranosuke_blog:20180711213848p:plain
(上)撮影地点と目印を直線で結びます。(下)航空機の全長・全幅の長さの直線をおいて、二等辺三角形を作ります。緑線が全長、黄色線が全幅に対応します。そして、Googleマップで撮影地点から底辺中央までの距離を計測します。


航空機までの距離:
 386m(長さ方向からの推定)、519m(幅方向からの推定)。

2.3 ランドマーク画像②を用いた推定結果

f:id:toranosuke_blog:20180711214921p:plain
f:id:toranosuke_blog:20180711214944p:plain


航空機までの距離:
 370m(長さ方向からの推定)、497m(幅方向からの推定)。

2.4 ランドマーク画像③を用いた推定結果

f:id:toranosuke_blog:20180711215257p:plain
f:id:toranosuke_blog:20180711215317p:plain


航空機までの距離:
 372m(長さ方向からの推定)、491m(幅方向からの推定)。

2.5 推定結果のまとめ

 ここまでで、求めたものは、カメラから航空機までの距離dです。真上にあれば、そのまま距離dを高度Hとして構いません。しかし、この写真を撮影したとき、完全に真上を通っていたわけではありませんでした。この場合は、天頂からの角度\alphaに応じて、距離dを高度Hに補正する必要があります。補正式は、 H=d\cos\alphaです。以前の記事では、\cos\alpha=0.92として計算しましたので、今回も同じ値を用いて計算します(計算なしのつもりでしたが、ちょっとだけ計算が残ってしまいました:-p)。

 距離から高度に補正した結果もまとめて、以下の推定結果となります。

長さから推定幅から推定
距離 高度 前回距離 高度 前回
写真①386m355m392m519m471m483m
写真②370m340m 497m457m
写真③372m342m 491m451m

 機体の長さについては、若干大きめで推定している(5%ぐらい)ので、それを考慮すると、高度は少なくとも20mぐらいは高くなると思います。

 また、長さ・幅ともに斜めに機体が写っていますので、推定した高度よりも若干距離が小さくなります(おそらく1~2割ぐらいは高度は低くなる(但し、直感計算)。また、距離の推定結果からすると、幅の方が長さよりも傾いている。全長30m、全幅40mが同じぐらいの長さで写っていることからも、これは明らか)。これらを考慮すると、飛行高度は、350m~400m程度と推定できる。

 前回の記事の方法の推定値は、392m~483mで、今回の結果は1割強、高度が低く見積もられています。基本的には、カメラキャリブレーションに対応することを行っている今回の方法の方が、より正確な推定を得られる方法と思います。

 但し、画像の間の対応を取る際に、誤差が入り込むので、その操作をできるだけなくした方がよいです。このため、カメラキャリブレーションを一旦行ってから、その後は、計算して求める方がより高い精度が得られるでしょう。

3. まとめ

 今回は、Googleマップを用いて、航空機の高度を推定する方法について説明しました。この方法であれば、多少面倒ではありますが、測量の知識がなくても、航空機の高度を推定することができます。

 最近、我が家の上空でオスプレイが低空飛行していました。ほかの地域でもオスプレイが低空飛行しているようです。もし、低空飛行していたら、写真撮影して、飛行高度を推定してみてはいかがでしょうか?あまりにも低空であれば、自治体に相談した方が良いかもしれませんね。

(2018/7/11)

関連記事

  • 写真からの航空機の飛行高度推定 - 時事随想
  • 関連のtwitter投稿

ハッシュタグ #安倍外交 #安倍川柳

トランプの
ポチの如くの
安倍外交

TPP
ご主人様を
待っている

拉致外交
トランプ頼りの
安倍外交

トランプと
トークできない
電話かな

死の商人
海外派兵
武器輸出

北朝鮮
危機を煽って
蚊帳の外

外遊で
ばら撒く金は
54兆円

安倍外交
成果は人の
知る由もなし

#安倍外交 #安倍川柳

(2018/5/30)


岸井成格、佐高信

講談社+α新書
(2016)

関連ツイート

東京裁判について

大東亜戦争

侵略戦争は、悪である。
大東亜戦争は、悪である。
そこには、戦争犯罪が存在する。

これは、東京裁判の判決とは無関係である。

東京裁判

戦勝国による裁判だったとしても、
事実に疑いのない戦争犯罪を裁いたならば、
その判決には、妥当性がある。

裁判に正当性がないと言っても、
戦争犯罪がないことの証明にはならないし、
戦争犯罪を放免してよい理由にもならない。

それならば、正当性がある裁判で裁けばよいことだ。

司法制度

事実に疑いのない犯罪が裁けないとしたら、
それは司法制度に欠陥があるからだ。
犯罪がないことの証明にはならない。

過去を裁くこと

罪刑法定主義という法理がある。
法の不遡及という法理がある。

過去を裁くことは、歴史を総括すること。
それらの法理を適用することに何の意味があろうか?

(2018/5/28)

関連ツィート

森のくまさんは、変質者を警告する歌だった⁉

くまさんの挙動が怪しい

 この前、姪と「森のくまさん」を一緒に歌ったのですが、くまさんの挙動がどうもおかしいことに気が付きました。

 森で出会ったくまさんがお嬢さんに「お逃げない」というところです。逃げなければならない理由が分かりません。

 そこで、くまさんは優しい熊ではなく、実は、変質者であるという仮説を立てました。

 変質者であるくまさんは、「お逃げなさい」とお嬢さんに言って、お嬢さんを逃げさせます。その後、わざわざ「落し物」のイヤリングを届けることで、自分が優しい熊であることを演出します。お嬢さんは、この演出に騙されて、くまさんを優しい熊と思い込んでしまいます。もちろん、イヤリングは、落し物ではなく、お嬢さんから掠め取ったものです。

 つまり、森のくまさんは、変質者に対する警告の歌で、以下のような解釈ができます。

  • ある日、夜道で女の子は変質者に出会った。
  • 変質者は、夜道の一人歩きは危ないよ、早く帰りなさい、と警告。
  • 女の子は、夜道を急いで帰った。
  • 変質者は、女の子を追って、掠め取ったイヤリングを女の子に渡す。
  • 女の子は、変質者を信じ切って、感謝する。
  • お嬢さんのように変質者を信じ込んでしまうと、危険である。

 この解釈聞いて、姪は歓んでいましたが、他にも変な歌謡解説をしてあげるので、免疫があるのでしょう(笑)。

 さて、このような視点から、新しく替え歌を作ってみました。

暗がりのおじさん

ある日、暗がりで
おじさんに、出会った
日暮れの  暗い道
おじさんに、出会った

おじさんの、言うことにゃ
暗がりは、危ないよ
一人で、暗い道
急いで、帰った

ところが、おじさんが
後から、ついてくる
おじさんの、足音が
ひたひたと、近づく

お嬢さん、お待ちなさい
ちょっと、落とし物
ママに、買ってもらった
大切な、スマートフォン

ありがとう、ございます
いい人ね、優しいな
おじさんと、暗い道
一緒に、帰った

おじさんは、近道を
教えて、あげると
もっと、暗い道
歩いて、行った

おじさんは、きょろきょろと
辺りを、見回す
おじさん、どうしたの
嫌よ、嫌 嫌よ

やめてよ、やめて
誰か、助けて
誰か、助けて

原曲では、熊さんは危険な動物

 森のくまさんの原曲は、「The Other Day, I Met a Bear」「The Bear in the Forest」などのタイトルで歌われてきたアメリカ民謡です。

 原曲では、森の中で出会った熊さんが、「どうして逃げないんだい?銃を持ってないようだけど(襲うよ)」と、熊は警告するので、「逃げる」と繋がるようです。

 原曲で危険な動物として描かれている熊が日本語訳では優しい熊になっているので、熊さんが挙動不審となってしまうようです。

 このブログを書くにあたって、調べて知りました。

参考文献

(2018/4/11)


公開処刑人 森のくまさん ―お嬢さん、お逃げなさい

堀内 公太郎
(宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ, 2014)

関連記事

森のくまさん(日本語版)

あるひ もりの なか
くまさんに であった
はな さく もりの みち
くまさんに であった

くまさんの いうことにゃ
おじょうさん おにげなさい
スタコラ サッサッサのサ
スタコラ サッサッサのサ

ところが くまさんが
あとから ついてくる
トコトコ トッコトッコト
トコトコ トッコトッコト

おじょうさん おまちなさい
ちょっと おとしもの
しろい かいがらの
ちいさな イヤリング

あら くまさん ありがとう
おれいに うたいましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ

作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、日本語訳:馬場祥弘


よいこのどうよう~森のくまさん

(ポニーキャニオン,2013)
(Amazon Music)

原曲

原曲の歌詞・日本語訳(意訳)
<注:様々な歌詞が存在する。以下はあくまでも一例>

The other day, I met a bear,
A great big bear, A way up there.
He looked at me, I looked at him,
He sized up me, I sized up him.

ある日クマと出くわした
かなりデカい熊に 道の途中で
クマは僕を見て 僕も熊を見た
クマは僕を見定めて 僕も熊を見定めた

He says to me, "Why don't you run?"
"'Cause I can see, you have no gun."
I say to him, "That's a good idea."
"Now let's get going, get me out of here!"

クマは言った 「逃げなくて大丈夫?」
「だって君は銃を持っていないみたいだから」
僕はクマに言った 「そりゃいい考えだ」
「それじゃ早速逃げるとしよう」

I began to run, away from there,
But right behind me was that bear.
And on the path ahead of me,
I saw a tree, Oh glory be.

僕は走って逃げ出した
でもすぐ後ろにはあのクマが
道の先には木があった ありがたい

The lowest branch was ten feet up,
I'd have to jump and trust to luck.
And so I jumped into the air,
But that branch away up there.

低い枝でも3メートル
運にまかせて大ジャンプ
体は宙を舞ったけど
あの枝まではとどかない

Now don't you fret, and don't you frown,
I caught that branch on the way back down.
That's all there is, there ain't no more,
Unless I meet that bear once more

心配しないで 機嫌を悪くしないで
倒れかけながらも なんとか枝をつかめたんだ
僕の話はこれでおしまい これ以上は何もないよ
またどこかであのクマに出くわさない限りね

引用:森のくまさん アメリカ民謡 歌詞・日本語訳・試聴


The Other Day, I Met A Bear【森のくまさん】

KIDS BOSSA
(Amazon Music)

尋常小学読本「桃太郎」の全文

 桃太郎の歌を聞くたびに、平和に暮らしている鬼のところに桃太郎が強奪しにいくと解釈できると思っていましたが、改めて、原典を調べることにしました。

 桃太郎の歌は唱歌なので、尋常小学校の教科書が直接の原典となります。直ぐに確認できるだろうと思ったのですが、なかなか見つからず。

 結局、国立国会図書館のデジタルコレクションに写真という形でアーカイブされているのを発見しました。

 見つかったのは、次の二つの本です。

  • 尋常小學読本(明治20年)
  • 尋常小學國語読本(通称、ハナハト本)

 以下に書き下しました。

明治20年版

  • タイトル:尋常小學讀本 : 小學校教科用書. 1
  • 出版者:文部省編輯局・大日本圖書
  • 出版年月日:1887年5月(明治20年)
  • http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1735728
  • コマ番号:34~40

むかし、ぢゞとばゞとが有りました。ぢゞは、山へくさかりに、ばゞは、川へせんたくに行きました。

川上から、大きな桃が一つ、ながれて來ました。それを取りて見ますと、大さううまさうな桃でありました故、ぢゞとふたりで、たべやうとて、家に持ちかへりました。

ぢゞが、山からかへりますと、ばゞは、直に桃を出しました。そしてふたりがたべやうと思うて居ると、桃は、二つにわれて、中から、かはゆらしいをとこの子がうまれました。

二人は喜んで、其子を取りあげ、ゆをつかわせますと、其子は、たらひをたかくさしあげて、投げ出した力に、二人はおどろきました。

此子は、桃の中からうまれた故に、桃太郎と名を付けました。

桃太郎は、だんだん大きくなりて、まことにつよくなりました。ある日、ぢゞばゞに向うて、「私は、鬼がしまへ、たから物を取りに行きたい」といひました。

二人は喜んで、朝早く起き、べんたうに、きびだんごをこしらへてやりました。

桃太郎は、其だんごをこしにつけて、家を出立し、山をこえてゆきました。

少し行くと、川のむかふから、犬が來て、「あなたは、どこへお出なされますか。又おこしに付けたのは、何でござります。」

「われは、鬼がしまへ行くので、こしに付けた物は、日本一のきびだんごだ。」

「一つ下され、お供いたしませう。」

桃太郎は、だんごをやり、犬を供につれました。次に猿がまゐり、其次に雉が來て、犬とおなじやうに、供をねがひ、だんごをもらひました。

桃太郎は、犬猿雉を供につれ、鬼がしまへわたりて見ると、鬼は門を閉ぢて入れませぬ。それ故、雉は、一ばんさきに、門のやねをとびこえ、次に猿は、へいをのりこえて、内から門を開きました。

そこで、桃太郎は、犬と一しよに、門の内におし入り、多くの鬼とたゝかひ、つひにおくまで せめこみました。其時、大しやうのあかんどうじは、太いてつのぼうを持ちて、桃太郎を打ちてかゝると、桃太郎は、受けながして 、くみうちをはじめ、つひにあかんどうじをしばりあげてしまひました。

鬼どもは おそれて、かうさんをねがひ、かくれみの、かくれがさ、打出の小づち、さんごじゆなどの、たから物を出しました。桃太郎は、それを車につませ、「これは、たれの手車、桃太郎どのの手車」とはやさせながら、ぢゞばゞへの、みやげに持ちてかへり、犬猿雉にも分けてやりました。

※あかん童子は、酒呑童子(大酒のみの鬼の頭領)のこと?
※隠れ蓑・隠れ笠・打出の小槌は、鬼が持つ宝物と言われるもの。サンゴ樹は、サンゴのような果実をつける植物。
※「はやさせる」とは、「囃させる」。用例は、手拍子を打って囃す、太鼓で囃す、やんやと囃されて得意になる、など。
※変体仮名を使っています(ここで調べられます)。

f:id:toranosuke_blog:20180410020741j:plain:w80 f:id:toranosuke_blog:20180410020758j:plain:w80 f:id:toranosuke_blog:20180410020813j:plain:w80 f:id:toranosuke_blog:20180410020825j:plain:w80 f:id:toranosuke_blog:20180410020842j:plain:w80 f:id:toranosuke_blog:20180410020854j:plain:w80 f:id:toranosuke_blog:20180410020909j:plain:w80
(クリックして拡大)

ハナハト本(1918年~1932年)

ムカシ ムカシ、オヂイサン ト オバアサン ガ アリマシタ。 オヂイサン ハ ヤマヘ シバカリ ニ、オバアサン ハ カハ へ センタク ニ イキマシタ。

オバアサン ガ センタク ヲ シテ ヰマス ト、オホキナ モモ ガ ナガレテ キマシタ。

オバアサン ハ ソノ モモ ヲ ヒロツテ カヘリマシタ。

オバアサン ガ モモ ヲ キラウト シマス ト、モモ ガ 二ツ ニ ワレテ、 ナカ カラ オホキナ ヲトコノコ ガ ウマレマシタ。

オヂイサン ハ ソノ コ ニ、モモタラウ ト イフ ナ ヲ ツケマシタ。

モモタラウ ハ ダンダン オホキク ナツテ、タイソウ ツヨク ナリマシタ。

「モモタラウ サン、 モモタラウ サン、アナタ ハ ドチラ ヘ オイデ ニ ナリマス カ。」

「オニガシマ ヘ オニセイバツ ニ。」

「オコシ ノ モノ ハ ナン デス カ。」

「ニツポン一 ノ キビダンゴ。」

「一ツ クダサイ、オトモ ヲ シマス。」

「ソレ ナラ ヤル カラ、ツイテ コイ。」

イヌ ヲ ケライ ニ シテ イキマス ト、サル ガ キマシタ。サル モ ダンゴ ヲ モラツテ、ケライ ニ ナリマシタ。

コンド ハ キジ ガ キマシタ。キジ モ ダンゴ ヲ モラツテ、ケライ ニ ナリマシタ。

オニガシマ ヘ ツイテ ミマス ト、オニ ドモ ハ テツ ノ モン ヲ シメテ、シロ ヲ マモツテ ヰマス。

モン ヲ ヤブツテ セメコミマシタ。

キジ ハ ツツツキマハリ、 サル ハ ヒツカキマハリ、 イヌ ハ カミツキマハリマス。

モモタラウ ハ カタナ ヲ ヌイテ、 一バン オホキナ オニ ニ ムカヒマシタ。

オニ ドモ ハ カウサンシテ、 ダイジナ タカラモノ ヲ ダシマシタ。

クルマ ニ ツンダ タカラモノ、 イヌ ガ ヒキダス エンヤラヤ。

サル ガ アト オス エンヤラヤ。

キジ ガ ツナ ヒク エンヤラヤ。

f:id:toranosuke_blog:20180410021557j:plain:w100 f:id:toranosuke_blog:20180410021611j:plain:w100 f:id:toranosuke_blog:20180410021626j:plain:w100 f:id:toranosuke_blog:20180410021641j:plain:w100 f:id:toranosuke_blog:20180410021655j:plain:w100 f:id:toranosuke_blog:20180410021710j:plain:w100
(クリックして拡大)

その他の桃太郎

 桃太郎の物語は、明治以降にも創作されており、芥川龍之介・楠山正雄他、いろいろな作品があります。

  • 芥川龍之介「桃太郎」
    • 1924年7月(大正13年)初出
    • 青空文庫 Kindle版
    • 鬼が平和に暮らす鬼が島を桃太郎が侵略し、鬼の宝物を略奪する。グリム童話のような残虐性がある物語となっている。
  • 楠山正雄「桃太郎」
    • 1983年5月初出
    • 青空文庫 Kindle版
    • 鬼が島に住む悪い鬼が、いろいろな国から掠め取った宝物を持っていることを聞きつけ、桃太郎は、力試しをしたくて、鬼が島に行く。そして、鬼退治をして、宝物を持ち帰る。
  • ゆめある「桃太郎(2016年版)」(動画あり)
  • その他
    • 尾崎紅葉「鬼もゝたろう」
      • 1891年(明治24年)初出
      • 桃太郎の鬼が島成敗後の後日談。城門の衛司だった鬼夫婦が川で苦桃を拾うと、中から青鬼、すなわち、苦桃太郎が出現する。この苦桃太郎が桃太郎を成敗するというパロディ的作品。

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

松居 直(文), 赤羽末吉 (画)
(福音館書店, 1965)
産経児童出版文化賞を受賞


桃太郎 (新・講談社の絵本)

齋藤 五百枝
(2001)

鬼退治の正当性

 桃太郎は、鬼退治をしますが、その正当性はどうなっているのでしょうか?

 芥川は桃太郎を侵略者・略奪者として積極的に描きます。

 一方、尋常小学読本(明治20年版)の桃太郎は、自分が宝物を得たいという動機で鬼退治をするという点で、芥川の桃太郎と同様に非道な人間と言えます。また戦利品を携え「これは、たれの手車、桃太郎どのの手車」と囃し立てさせて凱旋帰国します。このような桃太郎の振舞いに対し、福沢諭吉が「桃太郎盗人論」を唱えるのも当然かもしれません。

 小学国語読本(ハナハト本)では、「鬼征伐」の動機が述べられていませんが、鬼=悪という前提であれば、桃太郎の鬼退治に正当性が出てくるので、必ずしも悪人ではありません。むしろ、正義の味方と言ってよいのでしょう。

 楠山やゆめあるの桃太郎のように、近年の桃太郎では、鬼が盗人であるから、鬼退治するというように桃太郎の正当性を述べ、勧善懲悪の物語として描いていくことが多いようです。

 但し、楠山の桃太郎は、力試しをしたくて鬼退治をしたかったり、鬼から奪った宝物を自分のものにしたりと、自分勝手なところがあります。

 ゆめあるの物語では、自分勝手さもなくなり、桃太郎は心優しい人物として、鬼が村から奪った宝物を取り戻しに行くという汚点がない正義の味方になっています。でも、童話もあまりにもあく抜きをし過ぎると、人間味がなく、つまらなくなってしまいますね。

桃太郎の歌

1.桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた 黍団子 一つわたしに 下さいな
2.やりませう やりませう これから鬼の 征伐に ついて行くなら やりませう
3.行きませう 行きませう あなたについて 何処までも 家来になって 行きませう
4.そりゃ進め そりゃ進め 一度に攻めて 攻めやぶり つぶしてしまえ 鬼が島
5.おもしろい おもしろい のこらず鬼を 攻めふせて 分捕物を えんやらや
6.ばんばんざい ばんばんざい お伴の犬や 猿 雉は 勇んで車を えんやらや

  • 初出:「尋常小学唱歌(一)」(1911年5月, 明治44年)
  • http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/jinjo1/jinjo1.html#109
  • 生活学習小学国語読本の桃太郎(ハナトミ本に近い)に基づき作詞
  • 教育要旨としては「(略) 知らず識らずのうちに、勇気・進取・慈悲・応報等の国民的情報を養ふのが主である。」

(2018/4/10)


桃太郎の誕生

柳田 国男
(角川ソフィア文庫, 2013)

参考文献

アンコの歌

1. アンコの歌

 先日、小学1年生の姪と「アンコの歌」を歌いながら、近所の桜並木を散歩しました。

 もともとのフレーズは小学校の友達から教わったとのことですが、メロディ付けて歌にしました。

 ♪ アンコのアをイに代えると、インコ!
 ♪ インコのイをワに代えると、ワンコ!
 ♪ ワンコのワをニャに代えると、ニャンコ!

 当然ながら、ウ、チ、マにも代えますw

f:id:toranosuke_blog:20180409123643j:plain:w500

2. いくつ単語がある?

 歌いながら、単語を探したけど、改めて、調べてみます。

 小学生向きでない難しい単語を除くと、次の10個。

 あ、い、う、え、き、ち、ま、わ、が、にゃ

 随分、長い間、歌っていたつもりだったのですが、10個しかなかったのか。意外と少ないです。

3. 今年の誕生日プレゼントも漢字ドリル?

 小さい子は、女の子でも、下ネタ好きだよね...。

 去年の誕生日プレゼントは、うんこ漢字ドリルでした。ゲラゲラと笑っていました。漢字ドリルというよりは、読物です。

 他に思いつかなかったら、一応、漢字のお勉強だし、今年のプレゼントも漢字ドリルかなぁ...。

(2018/4/9)


日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学2年生

文響社(編)
(2017)

(追記)
 姪の誕生日には、うんこ漢字ドリルとグラスデコを送りました。グラスデコは受けがよく、追加購入したそうです。


絵の具 グラスデコ
のりと絵具が合体、乾くとステンドグラスのようになります。


何が日本の伝統なのか?そして、国家神道は?

1. 「日本の伝統」

明治期から始まったものが、「日本の伝統」として語られることが多い。

最近話題の相撲の女人禁制も明治期に入ってから*1

旭日旗が日本軍の軍旗として採用されたのは、1870年。

夫婦同姓も、明治の1876年の太政官令から20年ほどは夫婦別姓(夫婦別氏)のみ。民法ができた1898年以降に、夫婦同姓となる。

2. 神道

 神道に関しては、微妙。

 明治維新で、民俗的な風習として定着した神道を政治利用するために国家神道として再構築。個人的には、伝統的な祭事としての神道には違和感はないのだけど、国家神道には強い拒否感がある。お祭り神道が国家神道によって穢されたという感覚である。

 もともとの神道は、土着的な民俗信仰・自然信仰を政治利用のために体系化し、律令制度の時代に日本全国に普及させた。そういう意味では、古事記・日本書紀や律令制度の時代の神道は、国家のための神道。だから、神武天皇から始まる天皇の神話がある。

 その国家的な神道も世俗化して、お祭り神道になったのを明治維新で、再度、国家神道として政治的に位置付けたのは、神道の政治利用というよりは、政治利用のために生まれた神道の原点に回帰したとも言えなくもない。

 しかし、神道成立以前の民俗信仰を原点とすれば、1回目の宗教の政治利用が律令期の神道成立、2回目の政治利用が明治維新ということもできる。

 まつりごとは、祭事で政事。なので、宗教の政治利用は当たり前なのかもしれないが。

3. お祭り

 我が集落の祭事は数百年続いている。今日は、春祭りのための幟を立てた。

 子供が沢山いた昭和の時代、春祭りには夜店が出て賑やかだった。しかし、今は細々と祭事が行われるのみ。

 この日本の伝統は、いつまで続くのだろうか?

(2018/4/7)


相撲、国技となる

風見 明
(大修館書店, 2002)


新田一郎
相撲の歴史(講談社学術文庫)


井上寛司
「神道」の虚像と実像 (講談社現代新書)


伊藤聡
神道とは何か - 神と仏の日本史 (中公新書)

関連投稿

新しい自衛隊旗を作った!

旭日旗

 旭日旗は、旧軍の軍旗であったため、現在も軍国主義の象徴として受取られることがあります。このため、いろいろと物議を醸しだす旗です。現在も、自衛隊旗として採用されていますが、戦争によって付けられた穢れは落とせません。

f:id:toranosuke_blog:20180405154616p:plain:w280 f:id:toranosuke_blog:20180405154622p:plain:w240
旭日旗は、1870年以来、軍旗として用いられていました。
現在も海上自衛隊旗(左)、陸上自衛隊旗(右)として採用されています。

f:id:toranosuke_blog:20180405155212p:plain:w260
航空自衛隊旗には、旭日デザインは使われていません。


新しい旗

 1870年に採用された2020年でちょうど150年、そろそろ引退してもらって、新しい旗をデザインし直すことを考えてよいのではないでしょうか?

 例えば、割九陽紋をベースにデザインしてみました。日章旗に8つの割陽を付け加えたものです。8つの割陽の意味は、日ノ本を守る盾です。

f:id:toranosuke_blog:20180405155457j:plain:w350
割九陽を用いた新しい自衛隊旗


 ちなみに、旭日紋(日足紋)は、九州地方に多い家紋のようです。九陽紋は、肥後細川氏の家紋ですが、割九陽は良く分かりません。

「家紋の由来」(http://www.harimaya.com/o_kamon1/yurai/a_yurai/yurai.html)

過去との決別

 新しい旗を採用するときに、強烈な反対論が出てくると思いますが、30年もすれば定着します。血塗られた過去の歴史とも決別でき、新しい平和日本の旗として定着することでしょう。

(2018/4/5)

丹羽基二
〔家紋と家系〕事典 名前からわかる自分の歴史
(講談社+α文庫)

関連投稿

なぜ外務省は自衛隊の海外派遣に積極的なのか?

 不思議なことは、湾岸戦争以来、外務省が自衛隊の海外派遣に積極的なようです。

湾岸戦争のトラウマ

 湾岸戦争では、日本は約130億ドル(全戦争費用の約2割)も、多国籍軍への支援金を支出したにも拘わらず、クウェートの感謝広告に日本の名は載りませんでした。

「多国籍軍の兵士は命をかけて戦っているのに同じ石油の恩恵を受ける日本はお金を払うだけで良いのか」と批判を受けたと言われています。

 所謂、湾岸戦争のトラウマです。

 その後、日本国内では「国際貢献」のあり方について議論が活発になりました。

クウェートの感謝広告

 しかし、2015年9月10日の東京新聞によれば、クウェートの感謝広告から日本の名前を外したのは米国だとあります。ありそうだけど本当かな?

全国民必読!湾岸戦争のトラウマ「金を出すだけでは国際社会から評価されない」の大嘘(2015.9.10東京新聞より) | mixiユーザー(id:23621043)の日記

 説明によると、発案者は当時の駐米大使サバハ(故人)。感謝広告を企画し、米国防総省に多国籍軍の参加国リストを求めた。もちろんそこに日本の名はない。「戻ってきたものがそのまま広告になったんだ」とアルシャリクは言う。

 仮に本当ならば、米国によって作られた湾岸戦争のトラウマの世論誘導によって日本政府が自衛隊を海外派遣させられることになった、あるいは、湾岸戦争のトラウマを利用した日本政府が自衛隊を海外派遣したということになります。

 しかし、クウェートの感謝広告を誤解して、日本がトラウマ化したという見方もあるようです。

 外岡は、日本が国際社会から感謝をされていなかったという筋立てで語り継がれることに「感謝広告は米国で当時、ほとんど話題にならなかったし、いまだにその話をするのも日本人だけ。どうやって広告ができたか検証していれば、こんな話にはならなかったでしょう」と自戒を込めた。

外務省は売国奴?

 東京新聞の記事には、次の記載もあります。

 当時の外務省の元高官は「(在米)大使館の張り切った連中がさあ首を取ったと広告を使ったのは間違いない。米国の議員にたたかれていたから。それに乗って、やっぱりお金だけではだめなんだという議論に持っていきたかったんだよ」と証言する。

 これが、もしも本当なら、外務省は、まさに売国奴。

 外務省では、今もこの構図が続いているとは、信じたくはないです。しかし、現在もこの構図が続いているから、自衛隊の海外派遣に積極的という疑念も湧きます。


剣持 一巳編纂
湾岸戦争と海外派兵―分析と資料
緑風出版
(1991)


内藤 功, 上原 久志, 紙谷 敏弘
よくかる自衛隊問題―「専守防衛」から「海外派兵の軍隊」へ
(シリーズ世界と日本21)
学習の友社
(2009)

f:id:toranosuke_blog:20180404160551j:plain

湾岸戦争後、自衛隊が積極的に海外派遣されることになる。 https://blogs.yahoo.co.jp/asaka_kichimondai/68771384.htmlより引用
f:id:toranosuke_blog:20180404162533j:plain
2015年9月10日 東京新聞朝刊
http://ogswrs.blogspot.jp/2015/09/2015910.htmlより引用

(2018/4/4)

関連記事

積極的平和、戦争における日本の国際貢献

 改憲論議が起こっていますが、憲法9条を考えるに当たっては、戦争・紛争に対する日本の国際貢献についても考えていく必要があるように思います。

1. 米国が関与した戦争

 主に米国が関与した主な戦争のうち、参加国が多い戦争をウィキペディア「アメリカ合衆国が関与した戦争一覧」からピックアップすると、以下のものがあります。

  • 朝鮮戦争(1950-1953)
  • ベトナム戦争(1965-1975)
  • 湾岸戦争(1990-1991)
  • (ソマリア内戦)(1992-1995)
  • (ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争)(1994-1995)
  • (コソボ紛争)(1998-1999)
  • アフガニスタン紛争(2001-2014)
  • イラク戦争(2003-2011)
  • (リビア内戦)(2011)
  • 対ISIL戦争(2014-)

 仮に憲法9条がなければ、()の戦争は参加しなかったかもしれませんが、それ以外の戦争に日本は恐らく参加していたでしょう。

2. 参加義務がある戦争・ない戦争

 前述の戦争のうち、日本に参加義務がある戦争、参加義務がない戦争は以下となると私は考えます。

  • 参加義務がある戦争: 朝鮮戦争、湾岸戦争
  • 参加義務がない戦争:ベトナム戦争・アフガニスタン紛争、イラク戦争・対ISIL戦争

 米国のための戦争、米国が引き起こした戦争に、日本は追従する必要ありません。

 また、戦争義務がある戦争でも、直接的に戦争に参加するのではなく、資金援助や後方支援・戦後復興への貢献でもよいと思います。

3. 日本の国際貢献

 米国のための戦争はしたくない。でも、米国や国際社会から要求される。では、日本はどうすればよいでしょうか?

 後方支援を含め日本は全ての戦争行為に関らないで国際貢献する道を模索すべきと私は思います。

 戦争に対するスタンスとしては、次の優先順位で構いません。

  ① 理由をつけて、何もやらない。
  ② お金だけだして、それ以外は何もやらない。
  ③ 戦争には参加せず、戦後処理で貢献する。
   ③-1 国連文民警察に要員を派遣する。
   ③-2 国連平和維持軍(PKF)に派兵する。
   ③-3 その他の貢献

 米国からは認められないでしょうが、まずは①や②。次に③の優先順位。

 参戦しないことの良い点は、日本はいい子ちゃんでいられることです。

4. いい子ちゃんは戦後に活躍できる

 戦後処理に米軍が入っても、米国は憎悪の対象なので、テロが止まりません。それが、イラク戦争の長期化とISILなどのテロ組織が台頭する原因です。

 日本が戦争に一切関与しなければ、攻撃を受けた国の民衆からすれば、敵ではありません。

 伊勢崎賢治さんの記事に、アフガニスタン紛争後の武装解除に関して、次の記述があります。

 武装解除が終わった後、ノルウェーにも、ドイツにも、「あの武装解除は、地上部隊を出していない日本にしかできない役割だった。アフガンに地上部隊を出していた我々にはできない仕事だった」と言われました。
伊勢崎賢治, 「集団的自衛権の「問題点を一気に学ぶ」伊勢崎賢治『戦場からの集団的自衛権入門』から」, SYNODOS, 2015/8/11.

 これが、日本が模索すべき国際貢献ではないでしょうか?


伊勢崎 賢治
武装解除 -紛争屋が見た世界
(講談社現代新書)
(2004)

5. 積極的平和主義と積極平和

 イラク戦争には後方支援という形で兵站で戦争参加してきましたが、これでは日本は被攻撃国の人々にとっては敵国です。テロと闘う国々への人道支援のための資金提供でさえISILは敵対行為と見做しました。米国は政府を倒した後の戦後処理で失敗し、イラク戦やアフガニスタン戦争は長期化しています。

 平和のために戦争をする積極的平和主義(proactive contribution to peace)ではなく、戦争が行らないような環境を作る積極的平和(positive peace)のためのアプローチによって、戦争・紛争の問題を根本的に解決していく道を模索していくべきでしょう。

 日本は、一切、戦争には関わらず、戦後処理に貢献する道を模索すべきではないでしょうか?つまり、日本は、戦争に参加しないメリットを戦後の武装解除・平和維持・復興のために生かし、国際社会に貢献することについて真剣に考えるべきです。

(2018/4/3)

池上 彰
世界を救う7人の日本人 国際貢献の教科書
(朝日文庫)
(2016)


瀬谷ルミ子
職業は武装解除
(朝日文庫)
(2015)


山本 敏晴
国際協力師になるために
白水社
(2007)


関連記事

【労政】高プロ制は高齢化社会の反映?

 今国会にでも、法案成立となりそうな高度プロフェッショナル制度(高プロ制)ですが、財界にとっての導入の思惑には、次のようなことがあるのでしょうか?

 ① 高齢社員が多くなるも、既に管理職は飽和状態。
 ② 昔なら管理職に昇格できた高齢社員も、管理職と同等に働いて欲しい。
 ③ ならば、そのような社員のために高プロ制を導入しよう。

 なんとなく、納得感があります。でも管理職なみに給料はあげて欲しいですね。

 しかし、一旦、制度ができれば、悪用されるもの。今のところ予想される悪影響は、以下のような点でしょうか?

  • サービス残業の合法化
  • 名ばかり管理職の合法化
  • 高プロの低賃金化で、みんなが奴隷労働
  • 過労死が多発
  • 女性が働きづらい労働環境
  • 長時間労働で、少子化加速

 これ以外にも、たくさんの弊害がありそうですが、今回もまた強行採決で成立してしまうのでしょうか?

(2018/4/3)


ブラック企業のない社会へ――教育・福祉・医療・企業にできること

今野 晴貴, 棗 一郎, 藤田 孝典, 上西 充子, 大内 裕和, 嶋崎 量, 常見 陽平, ハリス鈴木絵美
(岩波ブックレット, 2014)


ドキュメント ブラック企業: 「手口」からわかる闘い方のすべて

今野 晴貴, ブラック企業被害対策弁護団
(ちくま文庫, 2014)

関連記事

  • 【裁量労働】労働時間の上限規制を設けるべき - 時事随想
  • twitterへの投稿(2018/4/3)

【森友事件】豊中市は国有地を不正に格安入手したのか?

 森友学園の国有地売却に関連して、豊中市が公園用地を実質2000万円で格安入手したことが問題であるという意見が散見されます。

 この問題について、twitterに投稿しましたが、その投稿を元に記事をまとめます。

1. 豊中市は国有地を実質2000万円で取得した?

 豊中市は国有地を約14億円で購入し、約14億円の補助金を交付されます。その差額は約2000万円です。豊中市の国有地入手に際し、森友事件と同様に政治関与があるのではないかと指摘される所以です。

 本当に問題があったのでしょうか?

 豊中市が得た補助金は、次の2つです。

 ① 住宅市街地総合整備事業の国庫補助金:7億1193万円
 ② 地域活性化・公共投資臨時交付金:6億9069円

 国有地の購入額は14億2386万円、補助金を引くと、2124万円で国有地を入手したことになります。


森友・国有地払下げ不正の構造

小川 敏夫
(緑風出版, 2018)

2. 住宅市街地総合整備事業の国庫補助金

 資料:国土交通省「住宅市街地総合整備事業」

 公園事業なので、補助対象の「⑦関連公共施設整備(道路、都市公園、下水道、河川等)」に該当します。補助率は「通常事業の補助率に準ずる」とありますが、補助金額からすれば1/2の補助が得られたということでしょう。

 公園という事業内容からすると、申請すれば承認される補助金と考えられます。

3. 地域活性化・公共投資臨時交付金

資料:首相官邸「地域活性化・公共投資臨時交付金の概要」

 リーマンショック後の経済対策として、自民党政権時代(2009年4月10日)に決めた2009年度補正予算の交付金です。予算1兆3790億円、国民一人当り約1万円。「兎に角、金出すから使え」というようにばら撒いたお金でしょう。豊中市人口が約40万人なので、人口比で言えば、40億円程度の補助金を取りに行けます。理由が付けば、約7億円程度の補助金は簡単に承認が得られるでしょう。

さて、上記の資料によれば、

  • 「交付方法:実施計画に掲載された事業のうち国庫補助事業の地方負担分と地方単独事業の所要経費の合計額に対し、交付限度額を上限として交付金を交付」
     交付限度額以内であれば、地方負担分を全額補助するという内容のようです。
  • 「使途:建設地方債対象事業」
     総務省の資料を見ると、公園事業は対象事業です。

 この交付基準からすれば、豊中市の公園事業では、①の住宅市街地総合整備事業の補助金を除いた豊中市負担分のほぼ全額を②の臨時交付金で負担してもらえるということになりそうです。実際に、約2000万円を除き、残りの全額は、臨時交付金で交付されています。

4. 特例的な補助金交付か?

 公共性が高い事業・リーマンショック後の経済対策ということもあり、豊中市への補助金交付は、特例的な交付金給付というわけではないようです。

 寧ろ、リーマンショックの経済対策として、公共投資(1兆3790億円)と経済危機対策(1兆円)の二つの臨時交付金で2.4兆円近くの補助金がバラまかれたことの方が異例です。

 森友学園の場合、民間の小学校建設という事業内容で2016年度売却ということを考慮すると、いずれの交付金も得られなかったと思います。

 一方、豊中市の公園事業に対して二つの補助金を両方とも交付することは、交付基準に適合していると考えれます。

5. 最後に

 結論をいうと、豊中市への補助金交付は、特例的な交付であったとは考えられません。

 森友側の用地を加えても、二つの補助金は取得できたと思います。臨時交付金は2009年度限りですので、森友側の用地を含めて、格安購入しなかったことは、ある意味、豊中市のチョンボです。

(2018/4/3)

【スクープ】これが「責任者」であった僕が総力をあげて取材した森友学園問題の真相だ! 【橋下徹の「問題解決の授業」Vol.48】 Kindle版

橋下 徹
(プレジデント社, 2017)


追及力 権力の暴走を食い止める

望月衣塑子, 森ゆうこ
(光文社新書, 2018)

関連記事

【森友事件】国有地売却における疑惑の価格決定方程式(簡略版)

 以前の記事国有地売却における疑惑の価格決定方程式と題して、森友事件における国有地売却の価格決定の疑惑について書きました。最近、twitterにも同様の主旨の投稿を行いましたが、その投稿を元に先の記事を簡略化しました。

会計検査院報告から分かること

Q.「8億円値引きされても説明が付かない土地では無い様に思うのですが...」

 ゴミ撤去費8億円の積算根拠自体も怪しいですが、それは土地を掘り返せば、直ぐに明らかになります。しかし、いまのところお国にその気はありません。それでも、土地取引の異常性については、会計検査院の報告書から分かります。

 その一例として、売却額の決定について説明します。

 財務省は、国交省見積りの有益費、つまり(a)ゴミ撤去費8億.1974万円と(b)地盤対策費5億8492万円(43ページ)を反映して不動産鑑定を依頼しました。この有益費は土地評価額から差し引いて売却できます。すると、土地は14億円466万円以上の評価でないと、売却側の国が森友にお金を支払うという異常な取引となります。

 不動産鑑定士は、実際には3階建の校舎に対する8階建を前提とした地盤対策費5.8億円を認めず、その代わりに、地盤の問題を土地価格の10%の減価要因とします。そして、(a)ゴミ撤去費と(b)地盤による減価を考慮して、土地評価額を9.56億円とします(p.81-82)。このことから、有益費を考慮しない土地価格をXとすると、次式が成り立ちます。

X-0.1X -8.1974 = 1.34

この式を解くと、土地価格Xは、10.6億円と分かります。

 国交省が見積もった地盤対策費5.8億円を認めた場合、つまり、国交省見積りの有益費14億円をそのまま使う場合、国は、土地価格10.6億円の土地に3.4億円のお土産を付けて森友に譲渡しようとした、ということになります。

 上記は、会計検査院の報告書から判明することです。


森友・国有地払下げ不正の構造

小川 敏夫
(緑風出版, 2018)

疑惑の価格決定プロセス

 しかし、3.4億円のお土産を付けて森友に譲渡するなどあり得ません。

 不動産鑑定では、土地価格Xを調整パラメータとして、1回目のゴミ撤去費として国が森友側に既に支払った1億3176万円以上となるように、土地価格、土地評価額を決めたものと考えられます。

  • 財務省と連携が悪く、空気が読めない国交省は、価格14億円と思っている土地を森友側に0円で譲渡するつもりで、有益費14億円を計上した。
  • しかし、お土産つけて土地譲渡をすることはできないので、森友側には1.3億円以上支払って貰わなければなりません。
  • このため、財務省は、売却価格が1.3億円となるように不動産鑑定士に土地鑑定を依頼した。

 このようにして、得られた土地評価額が9.56億円、売却価格1.34億円です。

 会計検査院報告書だけでも、主犯は財務省、KYな共犯者が国交省、お得意様に言いなりの不動産鑑定士という構図が見えてきます。

 他にも、異常なことが、会計検査院報告書の随所に記述されています。

(2018/4/3)

関連記事

Copyright © Tenyu Toranosuke. 時事随想 All Rights Rreserved.