時事随想

時事随想

ニュースや新聞を見て、想ったことを綴った随想・論説集

政治

【尖閣有事】小部隊駐留を想定した奪還作戦の損失

尖閣諸島は、竹島のようなパターンで、中国が占拠し、実行支配する可能性がある。これを防ぐために尖閣諸島に小部隊を常駐させておくことが、占拠を防ぐための一つの方法であろう。 本記事では、中国が尖閣を占拠するという尖閣有事における損失について、駐…

【憲法改正】首相の解散権は制限すべき

立憲民主党の枝野代表が首相の解散権の制限について述べているが*1、筆者も、行政府(首相)が制限なく立法府(衆議院)を解散できるという現状は、改善されるべきと思う。 現行憲法は、解散権の帰属を明示していない 現行憲法では、解散権の帰属が曖昧で、…

【内部留保課税】二重課税=ダメ?

二重課税=ダメ? 内部留保課税に関連し、「二重課税だからダメ」という意見*1を散見するが、本当に「二重課税=ダメ」なのだろうか。 合理性に欠け、公平公正でない二重課税がダメなだけで、単純に「二重課税=ダメ」というわけではないと筆者は考える。 確…

民進党のリベラル派が新党を作る必要はあるのか?

お騒がせな小池劇場ですね。ちょっと一言を言いたくなって、久しぶりにブログを書いています。 前原民進党では、全員一緒に小池新党・希望の党に合流しましょうと、両院議員総会で全会一致で決議しました。 小池氏は、小池新党に全員合流するという民進党の…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (8) 税額シミュレータ

配偶者控除の適用範囲の拡大が自民党・公明党の2017年度与党税制改正大綱*1にて決定しました。内容は表1となっています。また、2016年度の配偶者控除・配偶者特別控除を表2にまとめます。 複雑なので、税額シミュレータを作ってみました。 function deducted…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (7) 私案-給付付き移転的税額基礎控除

今回は、給付付き税額控除と移転的基礎控除による税制改革についての私案を提案したいと思います。 第1章:政府与党の配偶者控除の見直し案 第2章:配偶者の壁 第3章:自民党・民進党・政府税調の見直し案 第4章:私案-見える化による壁の撤廃 第5章: 私案…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (6) 私案-その他の壁の撤廃

第1章:政府与党の配偶者控除の見直し案 第2章:配偶者の壁 第3章:自民党・民進党・政府税調の見直し案 第4章:私案-見える化による壁の撤廃 第5章:私案-その他の壁の撤廃 第6章:私案-給付付き移転的税額基礎控除 付録:税額シミュレータ 5. その他の…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (5) 私案-見える化による健保の壁の撤廃

本章からは、働き方に中立な税制改革と社会保障制度の抜本改革についての私案を提案したいと思います。まず、本章では、社会保険料による壁の撤廃を「見える化」によって撤廃する方法について述べます。 第1章:政府与党の配偶者控除の見直し案 第2章:配偶…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (4) 私案-見える化による年金の壁の撤廃

本章からは、働き方に中立な税制改革と社会保障制度の抜本改革についての私案を提案したいと思います。まず、本章では、社会保険料による壁の撤廃を「見える化」によって撤廃する方法について述べます。 第1章:政府与党の配偶者控除の見直し案 第2章:配偶…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (3) 自民党・民進党・政府税調の見直し案

今回の政府与党以外の配偶者控除に関連した制度の見直しの具体的な案について、改めて調べてみました。調べたのは自民党・民進党と民主党政権下の「社会保障と税の一体改革」です。また、安倍政権で復活した政府税制調査会の検討についても説明します。 第1…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (2) 配偶者の壁

第1章では、政府与党の配偶者控除の見直し案の新聞報道についてまとめました。今回は、女性の社会進出を妨げると言われている配偶者の「壁」について詳しく説明します。これまで、税制度・社会保険制度や会社の福利厚生制度では、配偶者への各種優遇制度を整…

働き方に中立な税制・社会保障制度の改革 (1) 政府与党の配偶者控除の見直し案

政府・与党による配偶者控除の改正案が報道されています*1。女性の社会進出を推進するという名目での税制改革が検討されてきましたが、どうも抜本改革とは程遠いもののようです。 今回は、パート労働者などの就業調整の原因となっている所謂、103万円の壁と1…

【天皇】天皇退位の判断基準

天皇の「お気持ち」の表明以来、生前退位の議論が具体的になっています。「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」という何とも長い名前の会議体ですが、菅官房長官によれば、来年の通常国会には法案を提出したいとのこと*1。今の天皇のみの特例法とな…

テレビ放送を停波せよ!5G通信による放送の終焉

最近、総務省がテレビ放送のネットへの同時配信を解禁するという報道がされていますが、今回の記事では、通信技術の進歩に伴う、放送と通信の役割交代について、表現の自由の観点から考えたいと思います。 1. 放送と通信によるテレビ映像の同時配信 テレビ放…

【天皇】日本は世界最長の王国

世界最長在位のプミポン国王 先日、タイのプミポン国王が亡くなられました。世界で最も長い在位の国王だったそうです。 タイではクーデターがしばしば起きましたが、その度にプミポン国王の調停によって酷い内戦のような事態には発展しませんでした。国王の…

魚釣島奪還作戦~ある一つのシナリオ~

魚釣島奪還作戦 それは、一隻の漁船の遭難から始まった。 201x年8月、台風16号の影響で東シナ海は荒れていた。尖閣諸島周辺で鰹漁をしていた中国船籍の漁船が遭難信号を発した。東シナ海を管轄する海上保安庁第十一管区海上保安部は、中国漁船の救助要請に応…

中国による尖閣諸島の占拠を許してはいけない

中国は経済大国・軍事大国になるにつれ、経済的にも、軍事的にも海外進出を強めています。現在も、大国アメリカや大国ロシアは、他国へ軍隊を送り、戦争することを厭いません。中国も同じよう戦争を厭わない軍事大国になるでしょう。現在の南シナ海や尖閣諸…

韓国による竹島占拠までの年表

韓国による竹島占拠までの年表を作成しました。韓国の実効支配は、韓国警備員の常駐と1954年11月21日の海上保安庁巡視船「へくら」への砲撃、及び、それに対して日本側が対抗措置を行わないことで、ほぼ確立しました。この記事では、日本側の資料を中心に、1…

読売新聞の欺瞞:白紙領収書問題に関する社説

1. 読売新聞の社説 読売新聞の2016年10月10日の朝刊に、稲田防衛相や菅官房長官の政治資金パーティーの白紙領収書問題に関する社説が掲載されていました*1。主旨は、「政治資金パーティーの領収書の扱いを適正運用せよ」ということなので、これについては、…

【政治資金パーティー白紙領収書事件】主文:被告人・稲田朋美を懲役2年の実刑に処する

私文書偽造・同行使、政治資金規正法違反事件 判決 被告人 防衛大臣 稲田朋美 主文 被告人を懲役2年に処する。 理由 (罪となるべき事実) (領収書写しの提出の事実) 被告人は、被告人が代表を務める政治資金管理団体「ともみ組」の20012年から2014年に添付し…

政務活動費の不正受給に対する刑事告発

富山市議による政務活動費の不正受給が行われ、多数の議員が辞職する事態はいまだに続いています。富山市では定員40名に対して、ついに12名*1。富山の場合、これまで自主返還・議員辞職まででしたが、ついに、ついに富山市も刑事告発を行いました*2。今後、…

自民党憲法草案を読み解く(3):改正私案

自民党憲法草案について、これまでの記事で解説しました。この草案を読んでいて、考えた条文について、本稿でまとめました。言うなれば、自民党草案に対する対案です。対象とする条文は、前文と現行憲法97条、プライバシー権、知る権利、環境権、教育に国の…

自民党憲法草案を読み解く(2) : 第4章~第11章

「自民党憲法草案を読み解く(1):第1章~第3章」からの続きです。今回は、後半の第4章(国会)~第11章(最高法規)を読んでいきます。主に国政の制度に関する規定です。

自民党憲法草案を読み解く(1):第1章~第3章

安倍政権では、今度の臨時国会から憲法審査会を開いて憲法改正を推進するようです。先日のNHKの日曜討論をみていたら、自民党の憲法改正草案がベースとなる趣旨の自民党の二階幹事長の発言がありました。自民党草案をざっと目を通したことはあるのですが、こ…

政務活動費の不正受給は刑法犯罪

1. 富山市議による不正受給事件 政務活動費の不正受給により、連日のように議員が辞職している富山市議会。今日も、市議会議長が議員辞職するというニュースがありました*1。 1.1 不正受給の手口 不正受給の手口はいろいろあるようですが、報道されただけで…

ゴルゴ13、北朝鮮へ

「北、EEZに3発 - ミサイル - 首相「重大な脅威」」(読売新聞朝刊1面,2016/9/6)*1 毎度、北朝鮮の傍若無人ぶりを見るにつけ、ゴルゴ13を送り込んで暗殺してしまえと思ってしまいます。 現実問題としては、ゴルゴ13はいませんし、首領様一人を暗殺したから…

Copyright © Tenyu Toranosuke. 時事随想 All Rights Rreserved.