時事随想

時事随想

ニュースや新聞を見て、想ったことを綴った随想・論説集

【コロナ】唾液プール採取による低価格な集団検査法

 前回記事の室内空気の検査方法に引き続き、社会的検査のための低価格な集団検査法について述べます。

 プール法という検体を混ぜて検査する方法がありますが、今回のアイデアは、個別検体の陽性判定を諦めることで、採取時点で検体を混ぜ合せて(プールし)、採取の簡便化・低価格化を図ろうとするものです。

 例えば、学校の生徒の唾液採取の例で説明します。

1. 唾液のプール採取

① 生徒に唾液吸収パッドを配布し、各自で唾液を採取する。

 例えば、次のものを用いる。

  • 脱脂綿ロール
f:id:toranosuke_blog:20201105112054p:plain:w300
(メディコムのコットンロールの場合、直径10mm×30mm, 0.75円/個)


  • Oasis Diagnostics社のPureSAL*1の吸収パッド部の素材のもの
f:id:toranosuke_blog:20201105111828p:plain:w300 f:id:toranosuke_blog:20201105111525p:plain:w300

② 吸収パッドを集める。

 吸収パッドを収集袋や収集ボックスに入れる。

③ 集めたパッドをまとめて、圧搾機で唾液を抽出し、検体とする。

  • (冷蔵保存・冷蔵輸送が可能な場合)この工程は、検査機関で行う。
  • 検体に薬品を入れてから輸送する場合、学校側で行う必要がある。

④ 唾液検体をPCR検査する。

 検査機関において、PCR検査する。

2. 唾液プール法の精度

 例えば、32名の生徒の検体をまとめてPCR検査すると、一人当たり 1/32=1/25 のウィルス濃度となります。この濃度で検査すると、PCRのCt 値が+5しないと検出できないことになります。陽性判定のCt値が40であるとすれば、もともとの陽性者がCt=35で検出できるウィルス量があれば、プール検体でも陽性となることが期待できます。

3. 検査コスト

  • 吸収パッド:脱脂綿ロールの場合、1個1円程度なので、32名で50円未満。
  • 配送料:5000円~10,000円程度*2
  • PCR検査費:2,000円(+圧搾費用)

 従って、一人当たりの検査単価は、220円~380円となり、一人ひとり一般的なPCR検査を行う場合を10,000円とすると1/30~1/50程度の費用、唾液PCRの2000円と比較すると1/5~1/10程度の費用となります。 (学校全体で一括配送できる場合、学校規模によりますが、約100円程度のコストとなることが期待できます)

4. 留意点

  • 圧搾機の開発、及び、衛生管理が必要
     Oasis社の場合は、1検体のみなので、注射器のように唾液を圧搾抽出するが、これを複数検体で行えるようにする。
f:id:toranosuke_blog:20201105115148p:plain:w300
Oasis社PureSalの唾液の圧搾抽出

f:id:toranosuke_blog:20201108211642j:plain:w300
大きな注射器

f:id:toranosuke_blog:20201105115847p:plain:w300 f:id:toranosuke_blog:20201105120545p:plain:w300
調理用圧搾機の例

  • コットンロールを飲み込むなどの事故を起こすような被験者(高齢者、幼児)には、介助者が必要。

5. まとめ

 唾液プール採取による低価格な集団ウィルス検査法について考えました。

  • 検査コストは、一般的なPCR検査に比較して、最大で1/100まで低減の可能性。
  • 室内空気検査法に比べると、
    • ウィルス検出精度は高い。
    • 被験者を特定できる(室内空気検査では在室者の特定が難しい)。
    • 被験者一人ひとりの唾液を採取・収集するので手間がかかる。
  • 抗原検査で発生する偽陽性問題は、基本的に発生しない。

 社会的検査が、実質的に陽性者が存在しないことを確認する検査となっていれば、このようなプール検体採取でも十分と思います。但し、集団検査で陽性となった場合には、ここの被験者の検体の再採取が必要となります。

(2020/11/5)

関連記事

【コロナ】室内空気のウィルス検査による定期的な社会的検査 - 時事随想

Copyright © Tenyu Toranosuke. 時事随想 All Rights Rreserved.